はじめに

成城を眺めてみると、東西の銀杏並木、南北の桜並木をはじめ、各家々が緑を意識した街並み、住宅地や商業地の調和のとれた街になっていることにお気づきではないでしょうか?

成城は、街が形成されてから間もなく100年、成城を愛する人々の自治と共生を通じて、街並みの維持に努めてきました。近年は、街並みを維持すべく建築のルールを定めた「成城憲章」(街づくり条例第44条に基づく世田谷区区民街づくり協定1号)という協定を定めています。

このように、住民個々の維持への努力が、急速な都心回帰の波の中にあっても、成城が他の街にはない価値や特徴を形成してきたといっても過言ではありません。

成城憲章は、建築基準法等諸法令に比べて、求める要件が高くなっておりますが、憲章に違反するからといって建築物が作れなくなるものではありません。一方で、憲章を意識しない家づくりは、成城の特徴をなくしてしまうことにつながることも事実です。また、成城憲章を知らないままに家づくりをすすめ、周辺と調和がとれていないことに後で気づくこともあるようです。

成城に家づくりをご検討されている施主の皆様は、まず、成城憲章をご一読いただき、可能な範囲で、意識した家づくりをお願いいたします。また、ハウスビルダーや設計事務所の皆様と成城憲章についてご共有いただければ幸いです。

ここでは、家を設計するまえに考慮いただきたい成城憲章のポイント説明します。

おうち君

緑ある家づくり

生け垣や樹木による緑に囲まれた家づくりをお願いします。目標としては、敷地の20%をめざしましょう。なお、これには、屋上や壁面の緑化は含まれません。世田谷区は、みどりの基本条例を定めており、こちらのガイドブックが参考になります。

20%

近隣を配慮した家づくりをお願いします。たとえば、垣根や塀は、近隣に配慮し、高さは1.8m以上を超えないようにしてください。お互いのプライバシーとゆとりあるくらしを守るため、出窓やドライエリア、地下構造もふくめて、隣地から1m以上離すようにしましょう。

成城の街並みを維持するため、道路に面した部分は、生け垣の積極的な利用をお願いしますが、塀を作る場合は、透明性のあるものを使用し、1.8m以上の高い塀はつくらないようにしましょう。なお、建物と塀や門扉が一体化した建築の場合は、道路境界線から50cmを目安とした後退をおこなったうえで、緑化を行いましょう。

国分寺崖線を守る

国分寺崖線は、成城みつ池の森といった里山や野川などの水資源の元となっています。崖線の湧水や野川、仙川の治水のためにも、敷地内に「雨水浸透」や「雨水貯留」設備の設置をお願いします。これらは、世田谷区の助成制度の活用もご検討ください。

浸透桝

また、水資源の保護、治水・防災の観点からも、傾斜地においては、地下室を建築しないようにしましょう。

 

最後に

成城憲章を知って、堅苦しいさを感じたり、あの家は守っていないぞ、法の下に好きなものを作っていけないのかといったご気持ちはよくわかります。一方で、成城憲章は、100年来成城の街をよりしようという共通の思いをもつ様々な世代や背景の人たちが、何年も議論を重ね今に策定されました。そして、今の成城というブランドを形成する原動力になっています。成城憲章は、今も、社会情勢や皆様からのご意見に基づき、更新を進めております。どうかその思いを受け取っていただき、緑豊かでゆとりある成城の街づくりにご協力いただければ幸いです。
ご意見ご要望はもちろんのこと、わからないことがございましたら、お気軽に自治会までご問い合わせください。

参考資料

成城憲章の閲覧(世田谷区のホームページ)
世田谷区成城地区街づくりについてパンフレットのダウンロード(世田谷区のホームページ)