広報誌『砧』で「成城映画だより」を毎月連載していただいている高田雅彦氏の新著『今だから! 植木等』が、2022年1月にアルファベータブックスから刊行されました。

 長らく経堂と砧に住んだ植木等の映画と歌の魅力を余すところなく紹介するとともに、「スーダラ節」のヒット、映画『ニッポン無責任時代』の大当たりで一躍人気者となった後、その固定化されたイメージに悩んだ植木等の<真実の姿>を多面的に追求する本書。『ニッポン無責任時代』の主人公のモデルとなった意外な人物の紹介や、『クレージー黄金作戦』ラスベガス・ロケに参加したスタッフによる裏話のほか、〝最初の付き人兼運転手〟小松政夫さんへのロング・インタビューも読み応えたっぷり。音楽家としての実力や、2007年の逝去後に噂されていた「国民栄誉賞」授与が実現しなかった〝本当の理由〟も明かされています。

 東宝に残る貴重なカラー・スチールや、ご家族提供による珍しいプライベート写真も多数掲載。 成城在住の方なら、 当地・成城のロケ現場(成城石井前、成城パン前、マルケー前、吉田書店、成城湯、いちょう並木、桜並木他)の紹介に加え、やはり成城で撮影された<幻の出演映画>の存在など、ここでしか知ることのできない〝トリビア話〟に興味をそそられること間違いなし!

 本書は400頁超のヴォリュームで、定価3,200円(税別)。三省堂書店など全国有名書店、アマゾンほかネット書店でも絶賛発売中ですので、ぜひ手に取ってご覧ください。(広報部)

https://alphabetabooks.com/lineup/917/

本書の内容

総天然色フォト・ギャラリー

第一章 日本中を輝かせた男――植木等という〈太陽〉が光を放った時代

第二章 東宝クレージー映画、この7本

    筆者が選ぶ「クレージー・ソング」ベストテン 他コラム多数

第三章 ‶植木等〟を語る

    植木等、かく語りき――〝無責任男〟の呪縛から逃れるために

    特別インタビュー 小松政夫 大いに語る

    植木等がお忍びで出演した『刑事あいうえ音頭』という映画

    対談 音楽家としての植木等を語る――斎藤 誠・高田梅三郎/小中千昭

第四章 〈最後の付き人〉から見た人間・植木等――藤元康史

資料編 植木等出演劇映画一覧

     ‶クレージー映画〟植木等の役柄&同時上映作品一覧 他

今だから!植木等

*高田雅彦氏の記事は、こちらもお読みください。

タグ